信頼できる業者に依頼

保証期間を過ぎたらオーバーホールなどのメンテナンスはどうすればいいのか

ロレックスを身に付けるというステイタス。決して安い買い物ではありません。ロレックスホルダーならご存知の事とは思いますが、普段の使用に際しても他のデジタルな時計とは違い一手間かかります。自動巻きにせよ手巻きにせよ機械式のぜんまい式です。当然歯車系のパーツの使用が多く時計内部で滑らかに歯車が回るためのオイルも使用されています。自動巻きのロレックスを初めて購入した際、時計を自動でスウィングさせるための機械を購入したことがあります。定期のオーバーホールをする際に技術者の方に伺ったところ「オーバーホールをするのであれば、スウィングローターの必要はないですよ」と教えていた。それ以来普段の使用はさほど気にせず普通に使い、定期的なオーバーホールは3-4年に一度は必ず行うようにしている。正規のロレックスジャパンでのオーバーホールでなくとも信頼のおける時計のプロであればお任せするのはどちらでもよいであろう。

正規修理業者に預けると高価だが安心。一般の時計修理業者は実績しだい

どこに出せばいいのか。安心なのは日本ロレックスに出してしまうことです。ただし安くはありません。ロレックスデイトナをオーバーホールに出した際には、パーツ交換とオーバーホールを合わせて7-8万かかった記憶があります。ちょっとした「いい時計」が買える値段です。今は通勤途中にある、昔ながらの時計屋さんに「分解修理、お任せ下さい」と書いてあったので、「ロレックスは出来ますか」と尋ねたところ。全く問題ないということで多少の不安を持ちつつ預けた。その後も全く不具合は無いし、そのお店のご主人に機械式時計についての色々なお話を伺うこともできた。しかしながら実際には私のように運良く優秀な技能者を見つけることは容易ではありません。インターネットで調べるとたくさんの修理のお店が出てきますが実績のあるお店は安心できるはずです。そのようなお店では正規に出すより半額位の値段が相場のようです。