新たな形にして使う

何点か持ち込むとより希望に近いものに仕上がります。

ジュエリーのリフォームは、現在使わなくなったジュエリーを新たな形に変えて、 また使用することが出来るようにするものです。 婚約指輪などのリフォームが実例として多いのが特徴です。 婚約指輪にも流行があり、一昔前は立て爪のリングが主流でした。 しかし、現在はスタイリッシュなデザインが好まれるようになったため、 立て爪のリングはしまい込んでいる人が多くいるのが現状です。 そこで、流行遅れのジュエリーデザインを現代風にリフォームすることで、 また使用が可能になります。 ジュエリーのリフォームを依頼する際は、一点のみでも可能ですが、 何点か使用していないジュエリーを持ち込み相談することで、 すべてのジュエリーを一つに合わせたリフォームが可能になります。 また、数点あることで、リフォームに必要な石の数が増やせるため、 より豪華なジュエリーが作成できます。 また、費用を抑えられるというメリットも挙げられます。

最近では小さな石のジュエリーが多いです。

最近の流行として、小さなダイヤモンドを沢山並べたエタニティリングや、ネックレスがあります。 一粒ダイヤモンドでも十分魅力なデザインも、随所に小さな石を組み合わせることで、 より美しいジュエリーへと変化します。 そこで、現在はそのままではデザインに合わない石は、 分割してリフォームしてくれる取り組みも行われています。 色のある石も同様に可能であり、また希望すれば新たな石を追加してリフォームしてくれるため、 元々の石を無駄にせずより豪華に美しく完成できます。 また、リングからリングだけではなく、リングからネックレスやブレスレットなどの違った形への リフォームも可能なため、現在のライフスタイルやファッションの合わせて作成できます。 現在、使用していないジュエリーがある場合は一度、専門店に相談してみると良いでしょう。